LINE@「さいりえのピアノレッスン室」1周年をむかえて

LINE@ピアノレッスンでの集客と運用

現在350名以上の方にご登録いただいている、LINE@「さいりえのピアノレッスン室」がこの8月で1周年となりました。

さいりえ
ご登録・応援くださっている方、本当にありがとうございます!

この記事では、

  • 1年間のふりかえり
  • LINE@をはじめてみてよかったこと
  • 反省点
  • 今後の展望

をまとめていきます。

LINE@での1年間

きっかけは、気軽に配信したいこと

LINE@「さいりえのピアノレッスン室」は、2017年8月にスタート。

もともと当ブログでレッスンメモを書いていたのですが、ブログよりも気軽に、ピアノに関する気づきや考えを配信したいと思い、LINE@というプラットフォームを選びました。

月に数回のレッスンメモ配信

2017年8月から毎月2〜3回ずつ、LINE@のホーム画面に投稿してきました。

2018年8月31日現在で、26回となります。

LINE@では大きく分けて

  • ホーム投稿
  • 一斉メッセージ配信
  • 1対1トーク

の機能があり、一斉メッセージ配信で発信する方が多いようです。

ですが、わたしはホーム投稿を選びました。その理由は3つ。

  • メッセージ画面よりホーム画面のほうが長文でも読みやすい
  • 過去の投稿が残るので、途中から登録した方も初回分から読むことができる
  • 月2〜3回配信に合っていた(メッセージ配信できるのは月に1000件/ホーム投稿は月に4件まで)

こちらのまとめページで、配信の見出しをご覧になれます。

登録者の方とのメッセージやりとり

LINE@には1対1トーク機能があり、トーク画面でメッセージを送っていただくと直接わたしに届くようになっています。

このトーク画面を通じて、30名以上の方と実際にメッセージのやりとりを行いました。

主な内容は以下のとおりです。

  • 配信のご感想や応援メッセージ
  • ご質問やブログ内容のリクエスト
  • レッスンのご依頼やご相談
  • 動画アドバイスサービスでのやりとり
  • 事務連絡

きっとふだんからLINEを使っている方が多くおられるので、ブログのコメント欄やお問い合わせメッセージより、心理的にメッセージを送りやすいのかもしれません。

LINE@を運用していてよかったこと

ここからは、LINE@をやってよかった!と思うことをご紹介します!

読んでいる方に喜んでもらえた

なんといっても、これが一番です!

配信のあとに嬉しいメッセージをいただけると、「やってて良かったなぁ」と思えます。

コミュニケーションがとれた

当ブログは開設してから2年9か月ほどになりますが、ブログ記事にコメントをいただくことはごくわずかでした。

お会いする方からは「ブログ読んでるよ!」「おもしろいね」などとお声をかけていただくこともありましたが、読者の方との距離はあまり近くなかったと思います。

LINE@をはじめてから、読者の方との距離が近くなったように感じ、とても励みになりました。

さいりえ
ありがとうございます!

必要な方に声が届いたという実感

わたしが書いている内容は

  • 演奏することの楽しさや奥深さ
  • 音楽・作品の持つ内容や魅力を伝えることの大切さ
  • ピアノの演奏表現・技術向上に必要なこと
  • 一度きりの本番で力を発揮したい!準備やメンタル面のこと
  • その他、わたしの考え

が中心です。そして、

  • ピアノを真剣にがんばるお子さんや保護者の方
  • ピアノ・音楽が好きな方、かかわっている方

に向けて書いています。

 

ピアノを弾く上で、悩むことや壁にぶつかることはたくさんあります。

少しでも必要な情報が届けばいいなと思って書いています。

 

LINE@を通じていただくメッセージの中で、

「まさに最近悩んでいることでした」

「親子で読ませていただいてます。とても勉強になります!」

などメッセージをいただくことがあり、少しずつその思いが実現しているのかな?と思っています。

お仕事や新しいご縁にもつながった

メッセージのやりとりをきっかけに、

に申し込んでくださる方もおられ、新しいご縁もありました。

アウトプットに慣れた

月に2〜3回、レッスンのポイントをまとめて配信することで、ブログとはまた違った形のアウトプットをすることができました。

レッスンメモは今後も継続していくので(やり方は変更するかもしれませんが)、どんどん内容を高めていきたいと思っています!

 

反省点・改善したこと

ほとんど問題なくLINE@を運用してきたのですが、ときどき困ったことやうまくいかないことがありました。

解決策がはっきりわかったこともあれば、まだ検討中のこともあります。

個別のご質問に答える時間がとれないことがある

真剣にピアノに取り組み、わたしのブログを読んでご質問くださる方には、できるだけお役に立てるようお答えしたいのですが、どうしても時間に限りがあります。

そのため、基本的にはこのような運用をしました。

  • ご質問にはブログやLINE@で回答する
  • 期間限定で、ご質問を受け付ける(2017年の秋に一度行いました)
  • 個人的なこみいったご相談は、別途対応(単発レッスンや有料アドバイスサービス)

実際にLINE@でのご質問をきっかけに書いた記事はこちらです。

ピアノを弾いていると、困ったことや悩むことは山ほど出てきますよね。

ぜひどんどんご質問をお送りください!

メッセージの内容や送り方に困ってしまったことも

LINE@開設当時は、1対1メッセージを気軽に受け付けるようにしていました。

ほとんどの方が、常識の範囲でとても丁寧にお送りくださったのですが、ごくまれに困ったこともありました。

  • 小・中学生と思われるお子さんが、お友だちのようなノリでメッセージ・質問を送ってくる
  • お返事を考えている間に、続けて催促のメッセージやスタンプ(「返事くれ」のような)が送られてくる
  • ご質問に返信をしても、一言も反応やお礼がない

これらは、正直けっこう困ってしまいました。

 

この理由は、以下の3点からではないかと考えました。

  • LINEで気軽にお友だちとやりとりしているので、その延長線上でわたしにメッセージを送っている
  • ピアノの先生など、大人と一対一でメールやお手紙のやりとりをすることに慣れていない
  • インターネット上の出会いなので、敬意を持てていない(年上とかわたしが偉いとかいう話ではなく、お互いに相手のことを考えてメッセージを送れているか?という意味です)

いずれも、何往復かメッセージのやりとりをしましたが、途中で途切れてしまいました。

ひとつひとつ対応してきましたが、今後どうするか?は課題のひとつです。

あまりルールでガチガチにしても本来の目的と離れてしまうので、むずかしいですね。

レッスンメモの内容が無断で転載されていた

配信した内容が別ブログに転載されていたことがありました。

いちおうわたしの名前は書いてあったのですが、

  • 重要な部分が全文転載されていた
  • その記事の大部分が、わたしのレッスンメモ本文の紹介だった
  • リンク先(わたしのブログやLINE@のURL)なども明記されていなかった

など、引用という範ちゅうから越えているように思いました。

(他の人のブログや著作物から内容を引用する場合は、本文と主従関係が逆転しないこと=あくまで引用とわかること/引用元のリンクを明記する、などと定められています)

当ブログの内容の著作権はすべてわたしにありますので、リンクはご自由に貼っていただいて良いのですが、無断転載はかたくお断りしています。

さいりえ
ご理解くださっている方がほとんどだと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

リンク付でのご紹介は喜んでおります!

以前、将棋のブログでもご紹介いただけたのは嬉しかったです。

今後の展望

新しい発信方法を考えています

LINE@はこれまで通り運用を続けていきますが、1年間やっていく中で、さらにより濃い情報を必要な方へ届けたいと思うようになりました。

まだ明確には決まっていませんが、いろいろと考えていきたいと思います!

どうぞこれからも、当ブログとLINE@「さいりえのピアノレッスン室」をよろしくお願いいたします。

さいりえ
これからもがんばります!

▼ご登録はこちらから

友だち追加

 

 

 

 

◇◇◇
ピアノが好き、もっと素敵に弾きたい!という方へ・・・

LINE@はじめました! ご登録はこちらのボタンから。
友だち追加
もしくはID検索→「@cac2640m」から「友だち登録」していただけます。

くわしくは→「LINE@:さいりえのピアノレッスン室」はじめました!
◇◇◇