ピアノの録音がより便利で高音質に!iPhoneやiPadに簡単接続できる外部マイク

ピアノを弾いている人は、自分の演奏を録音する機会も多いのではないでしょうか?

本番はもちろん、レッスンや練習でも。

高性能のレコーダーもたくさん売っていますが、最近はスマホのレコーダー機能で簡単に録音できるようになりましたね。

「気軽に自分の演奏を撮りたい!」というときに、もう一つアイテムをプラスするとぐっと音質が良くなります。そのアイテムとは?

iphoneに簡単接続で高音質録音!外部マイクのご紹介

iPhoneやiPadに接続できる外部ステレオマイクのご案内です。

121215a

151215b

ZOOM社の「iQ6」です。家電量販店で10,000円弱でした。

追記・・・iphoneの機種によって対応しているもの、しないものがあるそうです(最新機種には非対応)。ご購入検討の場合はご確認ください。

対応機種・・・iPhone 5/iPhone 5s/iPhone 5c/iPhone 6/iPhone 6 Plus/iPod touch(第5世代)/iPad(第4世代)/iPad Air/iPad Air 2/iPad mini/iPad mini 2/iPad mini 3

対応OS・・・iOS 6.0 以降

iPhoneの無料ボイスメモアプリや録音アプリなどは使い方が簡単そしてお手軽なので、練習やリハーサルの録音によく使います。そんな時に、より本格的な音で録音できるのです。

このように接続します。

1512115c

iphoneの内蔵マイクと比べると、音質にはかなりの差があります。

※ちなみにこのアプリケーションはZOOM社の「Handy Recorder」で、ZOOM社の製品に合わせて開発されているそうなので、今回のマイクとも相性が良いのです。

動画を撮るときにも、良い音で気軽に撮れたら便利です!

151215c

Lightningケーブルで接続しています。

音声だけでなく、動画も撮影するにはこちらがオススメです。

マイクの向きを変えられるからです。

録音した音源は、持ち運びOKのBluetoothスピーカーで再生することも。

151215d

SONYの「SRS-X55」です。

自分の演奏を客観的に聴きたい。

自分の演奏を、一度でいいから客席で聴いてみたい。

お客さんとして聴いたらどう聴こえるだろう?普段弾いている音は、どんな風にホールの後ろに響いているんだろう?
演奏家は誰しも思うことではないでしょうか。

私も、「体はピアノを弾いたまま意識だけ幽体離脱できないか、耳だけでも客席に飛ばせないものだろうか」と、これまでもよく思っていたものです。残念ながらきっと一生かなわない夢でしょう。

でも、録音、録画することで「自分の演奏をある程度客観的に聴く」ということはできます。

今日はそんなことを助けてくれるグッズのご紹介でした。

◇◇◇
ピアノが好き、もっと素敵に弾きたい!という方へ・・・

LINE@はじめました! ご登録はこちらのボタンから。
友だち追加
もしくはID検索→「@cac2640m」から「友だち登録」していただけます。

くわしくは→「LINE@:さいりえのピアノレッスン室」はじめました!
◇◇◇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA