東アジア文化都市2017京都オープニング事業「The 饗宴」

こんばんは、崔理英です。

試験や受験、その他もろもろの日々でなかなかパソコンに向かう時間が取れずにいます。

そんな中、昨日リハーサルが始まりましたこちらのコンサートのご案内です。

東アジア文化都市2017京都オープニング事業「The 饗宴」

東アジア文化都市とは

「東アジア文化都市」は、日中韓文化大臣会合での合意に基づき、日本・中国・韓国の3箇国において、文化芸術による発展を目指す都市を選定し、その都市において、現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等を実施するものです。これにより、東アジア域内の相互理解・連帯感の形成を促進するとともに、東アジアの多様な文化の国際発信力の強化を図ることを目指します。
また、東アジア文化都市に選定された都市がその文化的特徴を生かして、文化芸術・クリエイティブ産業・観光の振興を推進することにより、事業実施を契機として継続的に発展することも目的としています。

引用元:東アジア文化都市2017京都 公式サイト

The 饗宴

東アジア文化都市2017京都オープニング事業の一環として、日中韓のコラボレーション作品が京都芸術センターで上演されます。

第1部:音×舞 「古木參天(こぼくさんてん)さんざめき」

第2部:狂言×中国編面 「からくり人形」

<h3>イベント情報</h3>

日時

2017年3月19日(日)14:30 開場 15:00 開演

会場

京都芸術センター 講堂 (アクセス

チケット

一般/前売:2,500円 当日 3,000円
学生/ 前売・当日とも1,000円

お問い合わせ

京都芸術センター 075−213−1000
ウェブ予約(こちらのページの下部よりお申込みいただけます)

第1部:音×舞 「古木參天(こぼくさんてん)さんざめき」のご紹介

私はこちらの部に出演します!

作曲家の朴守賢さんの作品で描く 「古木參天(こぼくさんてん)さんざめき」。

三味線(日)×大芩(韓)×二胡(中)という、三者三様の日中韓の楽器のコラボレーション。

こちらに、韓国舞踏とソプラノ、そしてピアノが入ります。

昨日は初めてのリハーサルでしたが、新鮮でした。
音の種類も、語法も違い、いろいろなトーンが混ざり合う不思議な空間です。

コンサートの詳細はこちらのページにございます。

京都芸術センター :イベントページ

また情報を更新していきたいと思います。

コンサートの定員は200名様ですので、ご興味お有りの方はお早めにお問い合わせください。

◇◇◇
ピアノが好き、もっと素敵に弾きたい!という方へ・・・

LINE@はじめました! ご登録はこちらのボタンから。
友だち追加
もしくはID検索→「@cac2640m」から「友だち登録」していただけます。

くわしくは→「LINE@:さいりえのピアノレッスン室」はじめました!
◇◇◇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA