ピアノは練習の積み重ね。はかどらないときは『ベビーステップ』から!

ピアノの上達には継続的な練習が不可欠

ピアノの上達には継続的な練習が不可欠です。

毎日毎日・・・
春夏秋冬、朝昼晩。雨の日も雪の日も。お正月もクリスマスも。

(そういえば、最近イトコと話していて、「小さい頃、お正月や夏休みに理英姉ちゃんのお家に行ったら理英姉ちゃんはいつも練習していた」と言われました。)

私は小さい頃から30年以上ピアノに触れていますが、その間、いつでも熱心に練習できたわけではありませんでした。

小学生の時は練習時間も少なくて、本当によく練習したなぁと思うのは中学生か高校生以降です(上のイトコの話は私が高校生くらいの頃の話だと思います)。

練習の時間やスタイルはその時々の状況によって変わっていきます。

ノリにノッてて、毎日練習するのが楽しくて仕方ない!というときは良いのですが、どうしても体が動かなかったり、今日もできなかった…という日が続いたり。

毎日練習したい!でもどうしても体が動かない・・・
そんな時期もありました。

今は、なんとなくピアノから離れていたい。
そんな時期もありました。

あなたもそんなこと、そんな時期、ありませんか?

はかどらないときは、『ベビーステップ』

『ベビーステップ』という言葉をご存じでしょうか?
私は、以前本を読んでいてこの言葉を知りました。

赤ちゃんの一歩のように、小さな一歩。そして、未来に繋がる一歩です。

baby-dog

目標に向かって何かを始めるとき。
毎日、何かを継続するとき。

このベビーステップを意識して動いてみると良いそうです。

ピアノの練習も、まずはベビーステップ。

◯練習したいけど、なかなかできない…というとき。
◯お仕事しながら。学校、塾、部活があっても毎日ピアノを弾きたい!と思うとき。
◯毎日基礎練習をするぞ!というとき。
◯朝練するぞ!というとき。

ものすごく小さなことでも、やってみましょう。

◯(気力がなくても)ピアノの前に座るだけ。
◯(弾く気がなくても)楽譜を開けるだけ。
◯(音を出す意欲がなくても)手の体操をするだけ。
○(ピアノの練習をしなくてもよいので)とりあえず朝早く起きてみる。

そして、せっかく動き始めたのだから、なんかやってみようかな…という気になれたら、

◯数小節、1ページでも弾いてみる。
◯一箇所だけ、じっくりやってみる。

そして、

やっているうちにノッてきたら、そのままどんどん進めたら良いですね。

動き出すと、やる気が出てくることはよくあります。

なにごとも、一歩一歩。

これは他の物事でも同じで、小さな一歩から始める、ということです。

勉強は、机に向かう、参考書を開く。
お掃除は、掃除用具を出す、小さなところを少しだけ。
運動は、とりあえず靴だけ履く。外に出ていく、家の周りを1周ウォーキング。

ちなみに私は今、ブログの定期的な更新を目標の一つにしていますが、今日は記事を全部書くのは大変そうだなぁ~~と思うとき、

「ブログの投稿ページをとりあえず開けてみる」
「数行だけ、下書きメモをする」

こんなことをやっています。

さて、ではこれから新しい曲のスタートに、楽譜を本棚から出してくることにします!

最後までお読みくださってありがとうございました。

◇◇◇
ピアノが好き、もっと素敵に弾きたい!という方へ・・・

LINE@はじめました! ご登録はこちらのボタンから。
友だち追加
もしくはID検索→「@cac2640m」から「友だち登録」していただけます。

くわしくは→「LINE@:さいりえのピアノレッスン室」はじめました!
◇◇◇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA