ソルフェージュ・リズムのコーナー[第2回]あの名曲にも!3対4・3拍4連のリズム

ソルフェージュ・リズムのコーナー。第2回です。

第1回は、「連符」と「2対3のリズムの考え方」について書きました。

では今日は、2対3の次によく出てくるこちらのリズム


など、3つと4つのリズムの組み合わせについて、書いていきます。

3対4のリズム。3連符/4連符、3拍4連符も

必要なことのうち、
同じ速さで拍を叩ける、弾けること/連符が叩ける、弾けること
までは前回と同じなので、省略します。
(上記の記事内で書いております)

さて、今回は次のように考えていきます。

「3」と「4」どちらをベースにしてリズムを捉えるか?

をまず考えます。
基本的には、伴奏型など、自然に流れている方をベースとするのが良いです。

たとえば次のような曲なら、「3」をベースに

次の例なら、「4」をベースに

こちらは、「3」をベースにします。

実際は断片的に出てくることもありますし、完全に対等に捉えたいときもあります。
その都度判断できると良いですね。

「3つ」に「4つ」を入れる!音価を一時的に変更するとわかりやすい

では今日は、「3」をベースに「4」を同時に入れる方を、見ていきます。

(反対の、「4」をベースに「3」を入れる考え方は こちらの記事(第4回)をお読みください。)

前回記事で、「通分」が大切ということを書きましたが、

1拍を1/3と1/4にしますので、今回の分母は「12」となります。
でも、1拍を12個に分ける・・・となると、かなり細かく感じてしまいます。

そのため今回は、ベースとなる音価を一時的に変更します

一番わかりやすいように、ベースの「3連符」を「4分音符3つ」にしてしまいます。

こちらをベースにします。

ここに「4つ」を入れていきますが、考え方は同じで、まずは通分したように「12分割」します。

そして、「4つ」入れるため、12分割したものを4等分します(ピンクの丸)

【重要】3拍を、4で割りますので、一つの音符は3/4拍となりました。
3/4拍といえば、付点8分音符と同じですね。

ということで、見やすいように楽譜にします。

これに合わせて弾いてみます。

(やはり、次に両手の音が合うところまで弾くことがポイントです。)

これで、「3つ」に「4つ」をあわせることができました。

基本のパターンを覚えれば、いろいろな音価に対応できる

このリズムを覚えれば、

これも

これも

これも

同じ考え方でできます。

実際の曲にもサラッと出てきています

ちなみに、始めに載せましたこちらの楽譜ですが、

何のリズムかおわかりですか?


ショパンのノクターン Op.9-2 

ピアノ曲の中でも最も有名な曲の一つですね!

こちらは、ショパンの幻想即興曲Op.66のリズム。

速いため、12分割なんてしていられませんが、始めにリズムの基礎を確認しておくと弾きやすくなると思います。

このようなメジャーの中にもサラッと登場する、「3」と「4」のリズム(実は今日練習していた曲にも出てきました)。

ぜひマスターして、美しい音楽を奏でてください。

続編はこちらです。

第3回・・・今回の応用編です。

第4回・・・今回の逆のリズム、「4つ」に「3連符」を入れる/3拍5連 そして連符マスターへの道!

◇◇◇
ピアノが好き、もっと素敵に弾きたい!という方へ・・・

LINE@はじめました! ご登録はこちらのボタンから。
友だち追加
もしくはID検索→「@cac2640m」から「友だち登録」していただけます。

くわしくは→「LINE@:さいりえのピアノレッスン室」はじめました!
◇◇◇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA