ソルフェージュ・リズムのコーナー[第1回]連符と2対3、3対2のリズム〜2拍3連も!〜

ソルフェージュのレッスンや、ピアノのいろいろな曲のレッスンの中でよく出てくることをまとめていこうと思います。

ソルフェージュ・リズムのコーナー 第[1]回 連符と2対3、3対2のリズム〜2拍3連も!〜

ピアノを弾いていて、右手は3連符、左手は8分音符2つなんてリズムはよく出てきますね。

こんなのや

(例:ドビュッシーのアラベスク第1番)

(例:ハイドンのソナタ)

こんなのや

(例:ショパンの幻想即興曲)

こんなのや・・・

(例:ショパンの新練習曲 第1番)

今日は、その考え方や実践方法を確認してみたいと思います。

では、大切なことを順番に。

リズムと連符の基本

同じ速さで拍をカウントできること

ピアノを弾くリズムで大切なのは、
・右手で弾く音符。
・左手で弾く音符。
だけではないのです。

最も大切と言っても良いくらい、
・音楽の持つ拍子感、[拍]

が大切なのですね。

どんなに長い音符を弾いても、速い音符を弾いても、ときに音楽が自由に動いたとしても、
その根元にはずーーっと統一された拍があり続けるかどうか・・・
これは初級・中級・上級、いつの段階でもとても大切なのです。

連符・・・拍を分割すること に慣れよう

4分音符をメトロノーム60の速さで手を叩きながら、書いてあるような(その他、お好みの)言葉を唱えてリズムを確認。
※あなたの下のお名前が2文字、3文字、もしくはフルネームで5文字や7文字ならお名前も良いですね♪

(初級)
・1拍を2分割できる「ポチ」「シロ」

・1拍を3分割できる「サラダ」「トトロ」

※(中級)
・1拍を5分割できる「ナマタマゴ」「ゴマタマゴ」
・1拍を7分割できる「タツノオトシゴ」…

その後、ピアノで「ドレ(2)」「ドミソ(3)」などと弾いてみましょう。

大体7連符辺りまでできれば、10連符までの全てが認識できるようになります。
(4分割は2×2、6分割は3×2or2×3・・・というように)

ここまでは基礎段階で、「いつもやってるよ♪」という方も多いと思います。
では次のステップへ!

違うリズム、連符の組み合わせの考え方〜まずは3連符から〜

さて、そこまでできれば、今度は違うリズムの組み合わせにチャレンジです。

まず基本の

こちらです。

実際の楽曲に出てきた場合、

・2:3はなんとなく雰囲気で弾く
・2はこのくらい、3はこのくらい、で「エイッ」と合わせちゃう
・歌うメロディなので、ルバートしながら揺らして弾く

人も多いかもしれません。

ちなみに このリズムは、

ということで、実際に弾いたり叩いたりすると

この、「タータタター」というリズムに聞こえます。

こんな感じで、感覚で弾いている方も多いかもしれませんし、それが自然に身についている方はそれで良いと思います。

ただ、「理論的なリズムの組み合わせはどうなってるの!?」

ということを、理屈の上で確認しておきたいと思います。
考え方がわかった上で弾けるとより良いですし、さらに難しいリズムが来たときに応用できるようになります。

このような異なる長さやリズムが出てきたときに大事なのが、
「分数」

です。

4分音符を[1]としたときに、

1/2

1/3

ですね。

ではこの場合、「1/2と1/3を合わせる」わけなので、同じ分母にそろえてみます。

ここが重要!通分します!

通分・・・ですね。
昔、算数の授業で習ったなぁ・・・なんだか忘れちゃった!と、私もこんな感じなのですが、
一言で言うと、分母を揃えます

左手 「1/2 は 3/6 」 = 1拍を6つに割って、そのうち3つずつの長さで、2回弾く

右手 「1/3 は 2/6」 =1拍を6つに割って、そのうち2つずつの長さで、3回弾く

それを組み合わせます。


(ごちゃごちゃするので、3連符の「3」は省いています)

これで、きれいに分割して、組み合わせられました。

気をつけるポイント
[1]6分割は同じ長さになってますか?
弾いているうちに、1→2は長いけど、5→6は短い、ということになっていないか確かめて同じ長さで数えます。

[2]必ず次の拍のはじめの音まで弾きましょう!!
次の拍の音まで弾くことで、連符の最後の音の長さを確かめるためです。

こんな曲を弾くときは?

2小節目の2拍目に、違う組み合わせがありますね。

こんなときは、2小節目の始めなど、前の拍からも「6分割」して練習すると良いですね。

いわゆる「2拍3連」のリズムも、この考え方でできます。

慣れたら、流れの中で演奏しよう

これでバッチリ!
正確な長さ・リズムが身につきましたか?

カチカチと数えながら弾くと、音の長さが正しくてもその音楽の持つ表情や良さが伝わらないことが多いです。

頭で、耳で、手で、正しいリズム分割を理解して実践できるようになったら、
「数える」「合わせる」ことから離れて、スーッと流れの中で弾いてみましょう!

カッチリ合わせる方がカッコイイ曲なのか?
やわらか〜く境目をぼやかした方がきれいな曲なのか?
あえて、少し長さや重さを変えた方が自然なのか?

曲によりますね。

このとき、どちらをベースにするか、というのも重要です。

この曲では左手(2分割)を

こんな曲では右手(3分割)を

ベースにして、もう一つのリズムを乗せていくと良いですね。

美しいリズムで素敵な表現になりましたか?

まとめ

同じ速さで拍を叩ける、弾けること
連符が叩ける、弾けること
音符の長さを分数にして
通分します!
手で感覚を覚えたら、スラスラっと弾いてみましょう。

次回以降は3:4

追記・・・こちらの記事です。

や、2倍の長さの3連符!

ここまで来たら数えてられない!?こんな連符の組み合わせもご紹介します。

追記・・・こちらの記事です。

難しそうですが、今日ご紹介したステップでほとんど腑に落ちることができます。
(13連符とか、19連符とかになってきたら考え方を変えたほうが良いと思います)

最後に・・・この記事はいつもより時間がかかりました・・・が、よくレッスンでこのような図を書いているので(とくに3:4のとき)、この機会にまとめてみました。

 

スポンサーリンク

◇◇◇
ピアノが好き、もっと素敵に弾きたい!という方へ・・・

LINE@はじめました! ご登録はこちらのボタンから。
友だち追加
もしくはID検索→「@cac2640m」から「友だち登録」していただけます。

くわしくは→「LINE@:さいりえのピアノレッスン室」はじめました!
◇◇◇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA