東アジア文化都市2017京都「The 饗宴〜音×舞/古木參天さんざめき」終演しました

3月19日(日)東アジア文化都市2017京都オープニング事業「The 饗宴」の第1部、【音×舞/古木參天(こぼくさんてん)さんざめき】、無事に終演いたしました。

東アジアの音と舞のコラボ!「The 饗宴」  終演!

3カ国の友好を音楽や文化で

開演に先立ち門川大作市長のお話があり、この「東アジア文化都市」のイベントは
東アジアの友好や互いの理解を深める目的があること、

政治上での問題やヘイトスピーチなど社会的問題がある昨今ではありますが、
音楽や文化を通して人と人が繋がり、良い関係を築けることを願う・・・

と、貴重なお話をされました。

門川市長のホームページに当日の記事もございます。

(なおこちらのページにございます、演奏中の写真の左端で頭だけ写っているピアノ奏者が私でございます)

前日〜当日ゲネプロ

(マメ知識コーナー:ゲネプロ=G.P.と書かれることも=Generalprobe・ドイツ語・・・通し稽古の意味で、当日の開場前の最終練習で行われることが多い)

2月からリハーサルを数度重ね、前日には大勢のスタッフさんと照明、音響や曲間の演出まで細かく準備、打ち合わせ。

満席の上に増席、増席で
前日夜→当日朝→当日昼とどんどん椅子が増えていき驚きました。

この後、会場側面の方にまで椅子がギッシリ・・・!有り難いことです。

開演前

ソワソワと支度をする中、第一部の共演者でパシャリ。

とても良い方ばかりで、楽しい練習でした。
本番前で少し表情が硬いかもしれません?

プログラム

いよいよ開演。
プログラムは、以下の通りです。

1.京(2003/2017 KBS京都テレビドラマ「ニトナツ〜恋も仕事も〜」挿入曲)
2.白の御神樂(2012/2017)
3.揉琴(2010/2017 『出水靈劍』より)
4.飛泉(2010/2017 『出水靈劍』より)
5.星空への願い(2005/2017 『アジア村の生活』より)
6.靈劍(2010/2017 『出水靈劍』より)
7.古木參天さんざめき(2017 京都芸術センター委嘱初演)

全て作曲・プロデュースされた朴守賢さんや、豪華な演奏家の方々のご紹介は
こちらの記事にございます!

最後の2曲では華やかな韓国衣装に身を包んだ金一志さんを中心に、大きな音の渦が巻き起こるようでした。

まさに、今回のタイトル「古木參天さんざめき」の通り・・・さんざめく=「にぎやかに騒ぎ立てる」様でした!

演奏していてとてもエキサイティングでした。

第1部終演

音と色と舞の渦の中で、無事に終演。
普段味わうことのない多分化の音色と舞のコラボレーションの大きなエネルギーに、涙ぐんでいるメンバーもいました。

終演直後の1枚です。

先ほどの写真との表情の違いにご注目?

緊張がほどけて、軽い興奮状態、とっても笑顔です(^^)

第2部には【中国変面×狂言〜からくり人形〜】の素晴らしい舞台を、客席から楽しませていただきました。

ありがとうございました!

普段ご一緒させていただく機会の少ない三味線、二胡、テグム、韓国舞踏・打楽器の第一線で活躍される方々との共演はとても刺激的で楽しかった。
終演後の熱気がとても気持ちよかったです。

そしてこれらを一つにまとめて曲・音楽を生み出される朴さんにはもうただただ尊敬の念です。

一緒に作ってくださった方々、作曲&共演者の方々、ご来場の皆様に感謝です。
またいつか再演の機会があれば嬉しく思います。

本当にありがとうございました。

(会場の京都芸術センター・正面)

◇◇◇
ピアノが好き、もっと素敵に弾きたい!という方へ・・・

LINE@はじめました! ご登録はこちらのボタンから。
友だち追加
もしくはID検索→「@cac2640m」から「友だち登録」していただけます。

くわしくは→「LINE@:さいりえのピアノレッスン室」はじめました!
◇◇◇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA