ブログ開設と、12/2(水)横越中アウトリーチ

はじめまして、さいりえ(崔 理英)です。
京都、大阪、滋賀など関西を中心にピアノコンサート活動やレッスンを行っています。

今日からブログを始めました。いろいろと綴っていけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、関西で・・・と書いたところですが、現在は新潟にいます。

昨日は朝から、新潟市の横越中学校でアウトリーチ活動。
2クラスずつ1コマ、全5コマの授業で音楽鑑賞会を行いました。

音楽アウトリーチとは

演奏家がいろいろな場所に出かけて、音楽への興味関心を促す活動のことです。とくに今回のような学校が現場ですと、教育的な重要性も高くなります。他の分野でもアウトリーチは行われています。

151202a

木のぬくもりのある学校です。

横越中学校の皆さんはハキハキと明るく、廊下ですれ違う度に大きな声で「こんにちは!」と言ってくれるのがとても気持ちよいです。

こちらに来るのは今回が3回目。
ちょうど2年前の同じ12/2にピアノソロで、同じようにアウトリーチ鑑賞会をさせていただいたのです。
3年生の中には、「あっ、一昨年聴いた人だ!」と覚えてくれていた生徒さんもいて、嬉しかったです。

さて、鑑賞会の内容は、マリンバとピアノのデュオコンサート。

以下、内容の一部をご紹介します。

2015年12月2日(水)2限~6限
マリンバ : 中田 麦
ピアノ : 崔 理英

クラシックの王道とも言えるプログラム。楽器のお話や実際の体験を通して音楽を身近に、そして自由に「感じて」もらうことを目指して演奏します。

    1.中国の太鼓 /クライスラー
    クライスラーが中国に旅行をした時にインスピレーションを得て作られました。太鼓のリズムや、中間部のちょっと怪しげな雰囲気が楽しめます。

    2. ハンガリー舞曲集より 第5番・第7番 /ブラームス
    肖像画のヒゲのおじいさんと言えばピンと来るかも?ブラームスの代表的な作品の一つ。もとは連弾曲でした。この時代、いわゆる「ジプシー」と呼ばれた人々の音楽が流行していて、この曲集もその中の一つです。哀愁を帯びた旋律や速い踊りなど様々な特徴があります。

    3. 練習曲集より 「別れの曲」 /ショパン (ピアノソロ)
    別れの曲、という愛称は後から付けられました。悲しみ、喪失感、愛情、懐かしい温かさ…中学生、一人ひとりの心の中でいろんなことを感じてもらえたらと思って演奏しました。

    4. 練習曲集より 「革命」 /ショパン(ピアノソロ)
    こちらも後から付けられたタイトルと言われています。祖国で起こった革命への思い、自由への願い、とも言われている曲です。感情が溢れる曲ですね。こちらも、多感な中学生の反応はいかがでしたでしょうか。

151202b
ピアノソロ演奏中。

~マリンバ体験コーナー~
ここからは、マリンバの楽器紹介。皆さんの表情もだんだんほぐれて、楽しそうです。
2名ずつ、実際にマリンバを触ってもらいます。麦氏のパートと合わせて、即興アンサンブル!

151202c

お友達が演奏しているのを見て、みんな拍手喝采。

    5. 小さな祈り /グレニー (マリンバソロ)
    グレニーさんは現在も活躍するマリンバ奏者。12歳の時に聴力を失いましたが、音の振動を感じて演奏、作曲を続けられています。この曲は13歳の時に作られました、本当に心にしみ入る曲です。4本のマレットの動きにも注目。

    6. ツィゴイネルワイゼン /サラサーテ
    ツィゴイネルワイゼンは、ドイツ語で「ジプシーの歌」の意。こちらも2曲目のハンガリー舞曲と同じく、ジプシー音楽なんです。ヴァイオリンの超名曲を、今日はマリンバとピアノでお送りしました。

お昼を挟んで5時間連続の演奏は少し大変でしたが、中学生の皆さんの真剣な目や空気を感じ、とても充実した時間になりました。

横越中学校の生徒の皆さん、そして先生方や関係者の皆様に感謝申し上げます。

1日おいて、明日は市内の亀田中学校で演奏します。
こちらは4年目、マリンバだけでも3年目となるので、学年ごとに違った「ねらい」をもってプログラムを変えました。

皆さんの反応が楽しみです。がんばってきます!

 

スポンサーリンク

◇◇◇
ピアノが好き、もっと素敵に弾きたい!という方へ・・・

LINE@はじめました! ご登録はこちらのボタンから。
友だち追加
もしくはID検索→「@cac2640m」から「友だち登録」していただけます。

くわしくは→「LINE@:さいりえのピアノレッスン室」はじめました!
◇◇◇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA