35年間ピアノをやっていて良かったことを考えてみた

ピアノとわたし。

先日、LINE@の登録者の方から「ピアノをやってて良かったなと思うことを教えてください」とメッセージをいただきました。

ピアノは幼少時から現在までいつも近くにあり、空気のような存在とまでは言いませんがそれに近いものがあります。

そのためあらためて尋ねられると、「良かったことやエピソードってどんなことがあるかな?」と一瞬迷いました。

ですがゆっくり考えてみると、いろいろなことがありました。

・いい音楽、好きな曲に出会えるのが幸せ

・ピアノ、音楽を通しての人との関わりが嬉しい

・知らない自分を知れる

・ピアノが心の友になる

そういえばピアノを習いはじめて35年!

今日は、「ピアノとわたし」について書いてみます。

いい音楽、好きな曲に出会えるのが幸せ

ピアノで大好きな曲

わたしには、クラシック曲で大好きな曲がたくさんあります。

ほんとに好きな曲は、毎日聴いても、ひと晩中リピート再生しても、何度も演奏会に行っても、まったく飽きません。

こんなに好きな曲に出会えるって幸せなことだなと思います。

もちろん、自分がピアノを弾いていなくても好きな曲には出会っていたかもしれませんが、演奏をすることで、もっと作曲家や曲と深く知り合えるように思います。

ピアノ曲もそうですし、室内楽曲やコンチェルト、合唱曲など、やっぱり好きだと思った曲を演奏できるのは最高の幸せです。

いまも、バッハから現代曲まで、弾いてみたい!と思う曲が山ほどあります。

一生のうちにどれだけ弾けるかな・・・。

(関連記事→)曲に熱烈に恋した話〜ひとめぼれならぬ、ひと耳ぼれした曲たち〜

ピアノ、音楽を通しての人との関わりが嬉しい

ピアノで人と関わる

わたしは社交的な人間ではありません。

ひとりで過ごすのも好きですし、飲み会などもそんなに「行きたい」と思わないんですよね。

でも、人と関わりたくないわけではなくて、寂しがりやの一面もありますし、一人では生きていけません(めんどくさいやつですね)。

そんなわたしが、人と関わっていて幸せや充実感を感じるのは、こんなとき。

・家族や近しい人と穏やかに過ごしているとき
・信頼できる相手と、人生や内面的な話について語れるとき

そして

音楽への真剣な思いを通して、人と関われるとき

です。

音楽を通して人と接する時間は、わたしにとってとてもだいじなものです。

だから、コンサートでのお客さまとの出会いも、レッスンでの生徒さんとの時間も、とても充実感を感じて過ごすことができています。

わたしはコンサートのあと、「元気が出ました」「明日からまたがんばれそう!」と言っていただけるのがとても嬉しいんです。

音楽を通じて、だれかの感情が動き、それがまただれかに影響を与えていく。

とてもやりがいがあることだと思っていますし、責任ある仕事だと思っています。

それから純粋に、自分の演奏で親や身近な人が喜んでくれることも、やってて良かったと思うことですね。

知らない自分を知れる

ピアノで自分を知る

ピアノを弾くって、平常心やすました自分ではできません

自分よりはるかに大きなもの(楽器の大きさ、数百年の歴史、多くの作曲家の人生、音楽のもっている力)と向き合っていくからです。

ドロドロした部分、弱い部分、ふだん人に見せていない部分。

そんな自分の一面が出てくることもあります。

それから、リサイタルや大きな演奏会が近づくと、いつも逃げ出したくなるくらいの緊張感におそわれたり、おかしなテンションになったりもします。

ピアノをやっていなければ、自分はこんな体験そうそうできないだろうな・・・と思います。

一筋縄ではいかない曲も、じっくり10代、20代、30代と向き合っていくと、音楽だけでなく自分も変わっていくことを感じます。

ピアノを通して、そんな「自分が知らない自分」にも出会うことができるのも、人生において貴重な体験です。

(参考記事→)ピアノを通して成長できる。同じ曲を長期間学ぶことの3つのメリット

ピアノが心の友になる

ピアノのおかげで人と関われるのも嬉しいのですが、

それ以上に、ピアノはわたし自身にとって、とても大きな存在なのです。

・何もかもうまくいかないとき。
・孤独を感じるとき。
・辛くてどうすればいいかわからないとき。

そんなとき、ピアノを弾けば心が安らぐこともありましたし、「ピアノはわたしを裏切らない」と思えることもありました。

これからも、ピアノがわたしの中のだいじな場所にいてくれるのは間違いありません。

(参考記事→)なんで音楽やってるんだろう?なんだか最近しんどい。と思う人におすすめの絵本

まとめ

30年以上ピアノと共に生きてきましたが、じつはわたしはけっこう飽きっぽい性格なんです。

興味のあることが目移りしますし、新しいことでもやってみようと思えばそれに時間を費やします。

人生のさまざまなタイミングにおいて、いつでも「ピアノひとすじ35年!」だったわけではありません。

あるときは、どっぷりと。
あるときは、つかず離れず。

それでも、いつも一緒にいます(わたしの場合、これが合っていると思います)。

10年後、20年後、またピアノへの思いや関わり方がどう変わっているのかな?

と、いまはまだ想像つかない部分もありますが、いろいろ未来図が浮かんでいますので、それに向かってがんばっていきたいなと思っています。

今日は、ピアノとわたし、というテーマで書いてみました。

LINE@でリクエストくださったMさま、ありがとうございました!

スポンサーリンク



〜おしらせ〜

LINE@では無料で月2回ほどピアノに関する小ばなしやレッスンメモを配信しています。

今回のように、リクエストやご質問をいただいたテーマで配信やブログに書くこともあります。

(くわしくはこちら→LINE@さいりえのピアノレッスン室まとめについて

こちらから無料でご登録いただけます。ぜひご登録ください。

LINE@に登録して最新情報を受け取る!

 

 

スポンサーリンク

◇◇◇
ピアノが好き、もっと素敵に弾きたい!という方へ・・・

LINE@はじめました! ご登録はこちらのボタンから。
友だち追加
もしくはID検索→「@cac2640m」から「友だち登録」していただけます。

くわしくは→「LINE@:さいりえのピアノレッスン室」はじめました!
◇◇◇