同じ曲を長期間学ぶことで、ゴールが進んでいく

第1回の《レッスンメモ》です。

※《レッスンメモ》では、ピアノのレッスンや自分の練習をしている時に印象に残ったことなどを残していきたいと思います。現在のレッスン対象の生徒さんは、小学校高学年~高校生(音高生)が多いですが、小さなお子さん、もしくは大人の指導者の方も少数おられます。

通常、レッスンでは何曲かのプログラムを持ってきてもらいます。
新しく譜読みして1週間にもならない曲もあれば、何か月も練習している曲、もしくは数年前に弾いた曲、などさまざま。

「たくさんの曲にチャレンジすること」が必要な時もあれば、「1曲にじっくり取り組むこと」がとても勉強になることもあり、個々の状況とバランスを見ながら一緒に進めています。

今日は、その中の一つ「同じ曲を長期間学ぶこと」について書きたいと思います。
ある1曲を何か月も何年も弾くことにはたくさんの良さがあります。それをまとめてみました。

同じ曲を長期間学ぶことの3つの良さ

技術的にレベルアップする

1つの曲にじっくりと取り組むことで、その曲の音型に手がなじんできます。

難曲をあっという間に弾きこなす・・という技術や才能があれば別ですが、大多数の人は少しずつ弾けるようになりますし、日々の練習を積み重ねることでいろんな課題を少しずつクリアしていきます。
(※重要・・・良い内容の練習を重ねる、ということが絶対条件です)

また、できれば何度か人前で弾くことを経験すると、より学びが多くなります。
「弾きこんだ曲」「何度も舞台で弾いた曲」というのは音や雰囲気まで違うので、客席で聴いてもかなりわかります。
とくにまだ舞台経験の少ない10代の生徒さんにとっては「大事な本番で初めてこの曲を弾く」というのはかなり難しいことなので、小規模であってもできるだけ事前に試演会をすることにしています。

曲への理解が深まる、気づきが多くなる

piano-dog-lesson1611

長く取り組むことで技術面にも余裕が出てくると、その曲の持つメッセージや世界をより深く知り、感じることができます。

実際、レッスンでこちらが伝える内容も変わってきます。
「この和音のつながり、よくよく感じたらこんなに意味が深かったのか」
「何気なく弾いていたこのメロディ、ここと繋がっていたんだ!もっとだいじに弾こう」
「作曲家の他の作品を勉強してから弾くと、なぜだか胸にしみ入る」

それは人とのコミュニケーションにも通じるものがあるかもしれません。
相手(曲)に関心を持ち、はたらきかけると、昨日も弾いていた曲が今日も1つ、新しい一面を見せてくれます。

自分の成長を実感できる

1つの曲を数か月、数年たって久しぶりに弾く……それを弾く「あなた」は、当時の「あなた」とは違います。
「あなた」という人生を歩んでいるのは「あなた」ひとりなので、演奏も世界にひとつだけ。
そのひとつさえも、時を経て変わっていきます。

感じることも、考えることも、気がつくことも。
また、演奏する姿勢も、タッチも、音色も、なにか成長していれば、曲が教えてくれます。

この時、「うまくなった」とか、「前より指が動くようになった」というような部分的なことにとどまらず、自分が演奏しながらどんな視点に立っているかとか、見えるもの、聞こえてくるもの、などの違いを感じられることがあります。
今までとはまた違う自分を感じられたら……また違った演奏ができますね。

演奏家は何年も何十年も弾き続けていきます。
私自身も、長いものは20年以上、弾いたり寝かせたりしている曲があります。

それぞれの曲が持つ《揺るがないもの》は大切にしながらも、それを弾く人の人生が出る演奏は素敵だと思います。
フレッシュな演奏はその良さがあり、熟成された演奏にも味わいがあります。お漬物と一緒ですね。

まとめ~ゴールは先へ!~

piano-dog-goal

こう書いていると、なんだかピアノの練習・演奏をすることは、「ゴールに向かって山道を進んでいるが、ゴール自体が動いていって、着いた~と思っても気づけばいつも自分の先の方にある」そんなイメージだなと思いました。

ところで今日はある生徒さんに「1年前の自分と比べて何が変わったと思う?」と尋ねてみました。
すると、「(自分の演奏に対する)理想が高くなった」と言ってくれました。それはとても大きな成長ですし、そのことを生徒自身も実感できている、ということを嬉しく思いました。

レッスンでは、少しずつでもゴールを先に進められることも目指しながらやっています。

 

スポンサーリンク

◇◇◇
ピアノが好き、もっと素敵に弾きたい!という方へ・・・

LINE@はじめました! ご登録はこちらのボタンから。
友だち追加
もしくはID検索→「@cac2640m」から「友だち登録」していただけます。

くわしくは→「LINE@:さいりえのピアノレッスン室」はじめました!
◇◇◇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA